ニュース一覧

パワーネットの活用

女性

ノースリーブを着るために

ノースリーブのワンピースやノースリーブスベストを着るときに腕や肘が出るのに抵抗がある女性は多いです。20代の若い女性であれば腕を出すことも良いでしょうが、中高年女性の場合、腕を出すことに抵抗がある人は多いでしょう。結婚式やパーティーなどに呼ばれて出席する場合、普段とは違うおしゃれを使用とするも、おしゃれなワンピースがノースリーブやショートスリーブであれば着るのを躊躇するでしょう。日頃ワンピースを着ない人も結婚式やパーティーなどはワンピースを着たいと思うかもしれませんが、腕を出すのに抵抗があると考えてしまいます。そんな時インナーとして着用できるレース生地で出来たカットソーがあります。チュールレースでポリウレタンが混紡された生地で作られ、伸縮性を持ちます。白や黒、ピンクなど製造するメーカーによって異なるカラーバリエーションがあり、袖から出る腕や襟元の肌を上手く透かして隠すインナーとして活用されています。レースは通常、伸縮性が無いものですが、レース生地そのものにポリウレタンを配合することで伸縮性を持たせています。主となる素材にポリエステルや綿、シルクなどを使い、肌触りや風合いなどもこだわったものもあります。インナー全体がレース生地で出来ているこのインナーをパワーネットインナーと言い、ミセスファッションを手掛けるメーカーが展開すています。前身頃が透けないように2重にした製品や見頃のみに裏を打ち合わせた製品もあり、スーツのインナーとしても活用されています。