ニュース一覧

手芸用品

今年のトレンドとアレンジ

レース生地の洋服を買うなら、ピンクか黒、白がおすすめです。なぜならば、合わせやすく、長く使用できるからです。また洋服のデザインは、花柄でタイトなものを選択するとより、幅広く使用でき便利です。また、女性の魅力を引き出してくれるアイテムでもあります。

詳しく見る

裁縫

趣味で手芸をするなら

趣味で手芸を始めるなら、レースの生地は重要なアイテムです。通販を利用して購入できるため、簡単に入手できるでしょう。国産の商品もあるため、品質重視の人も安心です。通販でも不良品は返品できるため、安心して買い物ができます。

詳しく見る

レース

ノースリーブを着こなす

ノースリーブの洋服を着るときに二の腕を出すのに懸念を持つのであれば、レース生地を利用したチュールネットインナーを活用しましょう。ノースリーブから出る腕をカバーしつつもレースの持つ良さである透け感を残し、ドレッシーな雰囲気を保ちます。

詳しく見る

脆いものもある

ファッション

使う用途で選ぼう

レースの生地はふんわりと可愛らしく見えるものが多いので、様々な用途で使われています。女性の可愛い系ファッションにもよく使われおり、スカートの裾部分にレースがちょっと付いているだけでも魅力的に感じられることでしょう。このような生地を購入するには、様々な生地を販売している手芸店がおすすめです。最寄りに店舗がない場合には手芸関係の通販サイトを利用するといいでしょう。ただし、レースの生地といっても種類はいろいろあります。花柄のようになっているものが多いものの、よく見ると柄が違っていることがあるのです。レースをどこに使うのかによって選ぶ生地も違ってくることでしょう。用途に合わせて適切なものを選択することをおすすめします。また、商品によっては脆いものもあるので注意が必要です。元々、レースの生地は引っ掛けやすくなっています。網目が空いているからです。そこに引っ掛けてしまうとほつれてしまうので、その点は気をつけましょう。例えば、スカートの裾部分にレースがついている場合、ひらひらとしたスカートならどこかに引っ掛けやすくなってしまいます。あまりアクティブに動く機会では適切ではない衣服と言えるでしょう。衣服に利用する際、全体的にお出掛け用やパーティー用として利用されることが多くなっています。また、小物や雑貨にも使われることがあるため、レースの生地は使い勝手がたくさんあり、重宝するものでもあると言えるでしょう。

裁縫道具

機械と手作業

レースは16世紀にヨーロッパで盛んに作られるようになった。機械製と手編み製があり生地と合わせることによって、様々なファッションアイテムに使われている。日本にも知れ渡っており、レース編みという技術があるが、数多いレースの種類のうちの一つである。

詳しく見る

女性

パワーネットの活用

ノースリーブの洋服を着るときに腕が出るのを懸念する人は多いです。ノースリーブを綺麗に着こなし、肌を出すのをカバーするのに、レース生地で作られたインナーを活用すると良いです。伸縮性を持つレースインナーはパワーネットインナーと言われてスーツインにも活用されます。

詳しく見る